バイクを少しでも高く買い取ってもらいたい!という気持ちから、

修理した箇所や事故で破損している箇所を隠してしまう人がいます。

わからなくもないですが、できるだけ高く買い取ってもらいたいと思うのであれば、

修理箇所、破損箇所を隠すのはNG。

修理箇所や破損箇所を隠して、インターネットや電話で概算見積もりをすると、

想像以上に高い見積もり結果をもらえることがあります。

それにテンションが上がってしまって、結局実車点検まで修理箇所や破損箇所を伝えずにきてしまう人もけっこういるようです。

実車点検さえクリアできればラッキーと思うのでしょう。

でも、実車点検するバイク買取店のスタッフはプロです。

いくら隠したとしても、修理箇所や破損箇所はすぐに見つかってしまいます。

実車点検は残念ながら減点方式。

なので、実車点検をすると、隠していた修理箇所や破損箇所の分がどんどん減点されていきます。

それだけで終われば良いですが、隠していたことで、「もしかして他にも何か隠しているのでは」と疑われ、点検がかなり厳しくなる場合も…。

結果、ちょっとの傷であっても減点され、思っていた以上に安値で取引しなければいけなくなることもよくあります。

なので、バイクを高く買い取ってもらいたいなら、

修理箇所と破損箇所に関しては必ず正直に伝えるようにしましょう。

意外に言ってみると大した問題ではないと判断されることも多く、バイク買取店で簡単に直せるようなレベルであれば減点されない場合もあるようです。